映画「アヒルと鴨のコインロッカー」が見れる動画配信サービスは?

エンタメ

瑛大さんと濱田岳さんW主演の映画「アヒルと鴨のコインロッカー」は数ある動画配信サービスの中でどこで視聴が可能か大手7社で調べてみました。あらすじとキャストも紹介します。

映画「アヒルと鴨のコインロッカー」

映画「アヒルと鴨のコインロッカー」情報

公開:2007年6月23日
受賞:新藤兼人賞2007 金賞(中村義洋)

キャッチコピー

「神さま、この話だけは見ないでほしい。」

アヒルと鴨のコインロッカー(プレビュー)

映画「アヒルと鴨のコインロッカー」キャスト・スタッフ

キャスト

椎名:濱田岳
代表作「3年B組金八先生」「釣りバカ日誌」シリーズ

河崎:瑛太
代表作「オレンジデイズ」「ミックス。」

琴美:関めぐみ
代表作「彩恋 SAI-REN」「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」

麗子:大塚寧々
代表作「HERO」「おっさんずラブ」

スタッフ

監督:中村義洋
代表作「チーム・バチスタの栄光」「白ゆき姫殺人事件」

脚本:中村義洋・鈴木謙一
代表作「残穢 -住んではいけない部屋-」「殿、利息でござる!」

原作

伊坂幸太郎「アヒルと鴨のコインロッカー」
第25回吉川英治文学新人賞受賞

著者の代表作「オーデュボンの祈り」「フーガはユーガ」

主題歌

ボブ・ディラン「風に吹かれて」

映画「アヒルと鴨のコインロッカー」あらすじ

大学進学のために東京から仙台に引っ越してきた椎名(濱田岳)だが、荷物の整理も済まないうちに新学期が始まる。必要な教科書の購入や部活の新入生勧誘・・・忙しいながらもなにかを期待させられるような新しい生活が始まっていた。

夜に自宅で休んでいるとチャイムが鳴りドアを開ける。ドアの外に立っていた同じアパートの隣人である河崎(瑛太)はモデルガンを差し出しながら言う

「さあ行くぞ。本屋だ、本屋を襲うんだ」

河崎は同じアパートに住むブータン人のために分厚くて立派な辞書、すなわち広辞苑が欲しいという。椎名は普通にお金出して買えばいい、と提案するが河崎はその提案を受け入れない。

「金で買った広辞苑はいらない。本屋を襲って奪った広辞苑が欲しいんだ。」

半ば強引に連れ出された椎名は断り切れず本屋襲撃の手伝いをさせられてしまう。

そして決行される本屋襲撃。この出来事が後に知る2年前のペット殺しとつながりを見せ始める…

映画「アヒルと鴨のコインロッカー」の舞台・ロケ地

伊坂幸太郎作品の特徴として作者自身に馴染みがある宮城県仙台市が舞台になることが多く、今作品も舞台となった宮城県仙台市を中心にロケが行われました。

映画「アヒルと鴨のコインロッカー」が見れる配信動画サービス

映画「アヒルと鴨のコインロッカー」が見れる動画配信サービス

(2020年1月31日時点)

配信サービス 視聴可否 月額料金
Youtube (単品購入・レンタル)
U-NEXT 1,990円(税抜)
Netflix 800~円(税抜)
Amazon Prime Video 500円(税込)
Hulu × 1,026円(税込)
Paravi × 925円(税抜)
FODプレミアム × 888円(税抜)

 

 U-NEXTなら毎月もらえるポイントを利用して原作小説も見れます。

映画「アヒルと鴨のコインロッカー」ネタバレしない程度に感想

少し気が弱い大学生の椎名を演じる濱田岳さん、背が高く髭を生やした怪しい隣人の河崎を演じる瑛太さん、正義感の強い琴美を演じる関めぐみさん・・・いずれも皆さん役に合ってたと思います。特に瑛太さんの最初の登場シーンは怪しさMAXでとても良いです。

映画の雰囲気はコミカルでありながらもBGMがあまり使われておらず、会話と会話の間の無音の時間が多いためかやや重め。作中で“神の声”と称されるボブ・ディランの「風に吹かれて」とともに物語は進んでいきます。

ボブ・ディランの楽曲を使うのは権利的に難しいようですが、今作品はオリジナル音源使用の許可が特別に出たそうです。

作中ではアヒルと鴨の違いを考察するシーンがあります。実際の違いは野生にいるのが鴨、家禽のために品種改良されたものをアヒルと呼ぶそうです。家禽とは家畜みたいなものですね。結局、作中で辞書を使って違いを調べるシーンはありません。

物語の中ではアヒルも鴨も似たようなものと考えながらも、「みにくいアヒルの子」じゃないですが個々の見えない壁は存在し、これがこの物語のテーマの一つになってます。

現在と過去の物語を交互に見せながら行き着くエンディング。「ハッピーエンドできれいにめでたしめでたし」という分かりやすいエンディングではありません。見てる側の想像にゆだねる部分がいくつかあります。個人的には初めてエンディングを見たときモヤっとしました。

「その後の彼らはどうなったんだろう?」

気になって何度も見返してしまいました。1周目では見えてなかったことが2周目、3周目と回数を重ねるごとにだんだん見えてきて、そのたびにどんどん好きになった作品です。

最低でも2回以上は見てほしい映画です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました