Evernote、OneNote、Simplenote比較

Windows・Andoroidユーザーにとって最強のノートアプリとはどれか?いくつか試してみて比較してみました。

比較する上での条件

Evernote、OneNote、Simplenote…、これらノートアプリはノートとしてもメモ帳としても使えることが魅力です。基本的にパソコンで使用、外出時にはスマホなど複数の端末からアクセス・編集ができることを前提としていくつか選んでみました。

求めるスペックは以下の通り

①  ダークモード

サッとメモを取るだけの人には無くても良いかも知れませんが、長時間ノートを閲覧・編集したりするなら絶対欲しい機能です。

②  文字色変更

ノート・メモを取るなら重要事項は赤ペンなど目立つ色で書いて目立たせたいですね。

③  チェックボックス

メモを取った上でToDo管理したいのでチェックボックスがあると良いです。

比較結果

Evernote

OneNote

Simplenote

ダークモード

文字色変更

×

チェックボックス

総合評価

1.AppleユーザーならEvernoteが最強?

10年くらい前から「とりあえずEvernoteは入れておけ!」と言われるくらい人気があり、今でもノートアプリ界のトップを走り続けるアプリです。人気ということはやはり多くの人が満足できる機能・仕様なんだと思いますが、個人的に物足りなかったです。

Windows版にはダークモード無し!

Android、iOS、Macには実装されているこのダークモードが何故かWindows版では未実装。

Evernote でダークモードを使う方法
ダークモードは暗めの色調で目に優しく、ハイコントラストのため画面も見やすくなっています。ダークモードは現在、Evernote for Mac・iOS・Android でご利用いただけます。 ダークモードを有効にする ダークモードを有効にするには、Evernote for Mac・iOS・Android の最新版をご利用...

当面は実装の予定は無さそうですね。

Android版は文字色変更できない!

Windows版にダークモードが無くてもスマホメインで使うなら問題無いと思ったのですが、Andoroid版では文字色変更ができない模様(ハイライトは可能)。iOS版もできなかったようですが3年位前から変更可能になったようです。

その他

初めてEvernoteの紹介文を読んだときに期待したのがWEBクリッパーという機能。この機能はWEBサイトをそのままノートに張り付けてしまうという便利な機能。公式サイトの説明文では

「Web サイトのスクリーンショットを直接 Evernote に保存」
「ブックマークより便利です」

とあります。保存してしまえば後でオフライン環境でも閲覧可能、パケット代を抑えたいときに便利ってことですね。しかし、WEBページによってはうまく保存できないこともしばしば。けっこう頻繁に失敗したのでこの機能は使っていません。

又、ベーシックプラン(無料)の月間アップロード容量は60MBまで。メモ程度ならこれくらいで十分ですが、画像を保存したりするとちょっと厳しいですね。プレミアムプラン(月600円)にすれば月間アップロード容量は10GBまで拡大し、他にもいろいろアップグレードされるようです。

2.OneNoteは一番ノートらしい?

Microsoft製なのでWordのような見た目。このアプリの面白いところが本当のノートに書くように、右クリックした自由な場所から文字入力をすることができます。WordやExcelの図形に文字入力をして、それを自由に動かしている感覚です。アプリ版でも可能ですが、画面タッチの操作では少し難しいかも。自由に書けるのは魅力ではありますが、あまり見かけない仕様なので取っつきにくい印象もあります。

ダークモードはあるが…

Windows版のOneNoteはWordやExcelなどと同じ「Officeの一部のもの」と「Windows10アプリ」とがあります。当然、前者の方が有料なのでできることも増えているようですが、ダークモードにするにはOffice全体のテーマをダークモードにすることになります。他のOfficeを同時に開いて使用する場合、ウィンドウの外観がどれも似たような感じになるので分かりづらいかも知れません。

Android版は文字色変更できない!

スマホでノートの文字色変更ってあまり需要無いのでしょうか。ハイライトはできますが文字色変更はできないようです。

3.その名の通りシンプルなSimplenote

その名の通りシンプルなノート。ひたすら文字だけを入力することに特化したソフトなので、画像の挿入はもちろんのことフォントの装飾すらできません。プラウザから文章をコピーしたときや、ノートに書いた文章を別の何かに張り付けるときに「プレーンテキストとして貼り付ける」といった選択をする必要がありません。余計な機能が一切無い(あると嬉しい機能も無い)ので動作は軽快です。

必要かな?マークダウン機能

Simplenoteの特徴としてマークダウン機能があります。フォントの装飾ができないSimplenoteですが、マークダウン機能を使えば文字を一部太字にしたり見出しの設定などが使えるようになります。

その機能の紹介文を読んだときはとても魅力的でしたが、マークダウン機能を使って作成した文章はフォント装飾とみなされます。つまり、文章をWordなどに張り付けるときは書式の統一を気にしなければなりません。私にとってのSimplenoteの魅力は、そのような書式の統一を気にしなくて良いことなので、使ってみると個人的にはイマイチでした。だったら普通にフォント装飾が出来るアプリの方が良いと思ってしまいました。

又、装飾や改行のために入力したタグ(##や<br>など)が文字カウントされてしまうのも難点。1記事2000文字とかで依頼された文章を作成するのには誤差が出てしまうのも使いづらかったです。

何故かPC版では挿入できないチェックボックス

スマホ版ではチェックボックスを挿入することが出来るのですが、なぜかパソコンでやろうとするとできません。チェックボックスにチェックを入れることはできるのですが…

まとめ:かゆいところに手が届かない結果に…

Evernote、OneNote、Simplenote…、それぞれどのノートアプリも魅力的なのですが、個人的にはなかなか「コレっ!」というのがありませんでした。Evernoteがもう少しWindows・Andoroidのアップデートに積極的になってくれれば良いのですが…

最近、Wordをいじるようになって気付いたのですが、今のところノートとして使うならWordが一番良い気がします。OneNoteで説明したようにダークテーマの使用はやや使いづらいですが、ページの色を反転させれば実質ダークモードになります。文字色変更はもちろん可能だし、最初に設定を変える必要がありますがチェックボックスも使用できます。ノートアプリと違って後で古いノートを探すときは苦労するかもしれませんが一時的な資料としてならWord、メモとして使うならEvernoteが良いと思います。今後のアップデートに期待したいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました